カフスのつけ方

カフスのつけ方はかんたんです。

 

カフスの棒を、袖の切り口にそれぞれ通してから、カフスをねじって(折り曲げて)はずれないようにふたをするだけ。

 

こんな感じです↓

 

 

 

カフスのつけ方はかんたんですが、袖口のタイプをきちんと選んでいないとめんどくさいことになります。

 

それは袖口にボタンがついている場合です。シングルカフス、コンバーティブルカフス、他のボタンカフスなどはカフスの袖口に、ボタンもついている場合があります。
カフスをつけようとすると、ボタンの箇所とバッティングしてしまうからです。

 

ボタンつきの袖シャツがある場合は、ボタンをはずしてしまいましょう。
ボタンはカフスの魅力にに勝てません。カフス袖ならボタンをはずしてカフスだけで攻めるのが常套です。

 

基本はこういうタイプのカフス袖のシャツは選ばないことです。
「フレンチカフス」タイプのボタンを選べば特に問題はないことです。

 

カフスの袖口のタイプ毎のつけ方はこちらにくわしく書かれています。

袖口(カフス)の種類とカフスボタンの相性

 

 

なによりも、袖口で一番注意することは、袖口のサイズをタイト目にしてカフスをつけることです。

 

ダボっと余裕のありすぎる袖口にカフスをつけるのは、かなりダサく見えてしまうので要注意です。

 

 

 

[関連記事]

 

モテリーマンのモテるカフス選びの具体例