シャツとカフスの色の組み合わせ

シャツとカフスの色の組み合わせにも、気をつけるポイントがあります。
ポイントをはずすとさっかくのカフスの効果も半減してしまいます。

 

色の組み合わせといっても、かんたんな基本を抑えれば問題ないです。

 

シャツとカフスの色の組み合わせは、着るシャツによって2種類の組み合わせがあると考えてください。

 

もしストライプのシャツを着るときには、ストライプの色と同系色をカフスを合わせます。

 

逆に、無地のカラーシャツを着るときには、同系色ではなく、コントラストの映える色を持ってくるのがよいでしょう。

 

カフリンクスが袖口のアクセサリーとしてより引き立ちます。たとえば、ピンクのシャツには、ネイビーやスカイブルーの色がよく合います。

 

 

 

シャツとカフスの色の組み合わせ方

 

ベースカラー(シャツ) + アクセントカラー(カフス)

ベースカラーのシャツを着る場合は、アクセントとなるようなカラーの目立つカフスか、女性が好むキレイ目な色(ジュエリーをイメージ)のカフスを身につけてください。

 

 

ストライプ(シャツ) + ベストライプのカラー(カフス)

濃いストライプならベストライプのカラーの同色系の色のカフスで合わせましょう。
薄い色のストライプの場合は、アクセントカラーのカフスでも大丈夫です。

 

これらはあくまで基本なので、カジュアルシーンの場合は、もっとカフスで自由にカフスの個性を引き出して遊んでみるのが、これからのモテの着こなしです。

 

 

[関連記事]

 

モテリーマンのモテるカフス選びの具体例

 

カフスにあわせるシャツとは

 

モテリーマンのカフスのブランド選び