カフスはモテる男のジュエリー

カフスはモテる男のジュエリーです。

 

 

女性とジュエリーといえば、イヤリング、ネックレス、指輪、ブレスレット…
いろいろあります。

 

男性の場合はどうでしょう。

 

イヤリング、ネックレス、ブレスレット…
これらは男性の場合、ほんんどつけないですよね。

 

指輪、ネクタイピン…
指輪は、「既婚者です」のメッセージ利用が多いですよね。
ネクタイピンは、最近はネクタイをつけない人多いですよね。

 

男のジュエリーってないのでしょうか。

 

いいえ、あります。

 

カフス(カフリンクス)こそ、唯一の男のジュエリーなのです。

 

シャツ袖に光るジュエリー、カフス(カフリンクス)をさらっと身につけるモテメンスタイル、そんなをシーンをここでは紹介していきます。

 

カフスをしれっとつけこなせるようになれば、カジュアルでも、ビジネスでも女の子には間違いなく、モテリーマンになれます。多くの女の子、あなたの気になる女性に、好意の対象になる機会が増えます。

日本ではカフスの使用度は少ない

このサイトではカフスを「最強のモテアイテム」として紹介していきます。

 

では、なぜ今、カフスが、最強のモテアイテムといえるのでしょうか?

 

日本のビジネスマンにとってのカフスの現状から、その理由をいくつかあげると、

  • カフスの認知度・使用度がまだまだ少ないから。
  •  

  • カフスやシャツの使い方、買う場所などが難しいと誤解されているから。
  •  

  • カフスの値段がまだまだ高い(1個1万以上)と誤解されているから。
  •  

  • カフス用シャツは、カジュアルで気軽に使えないと勘違いされているから。
  •  

  • デザインや機能など、遊び心満点のカフスの進化が知られていないから。

などが上げられます。

 

日本では、カフスをしている男子がまだまだ少ないのが現状です。

 

だからこそ、今「最強のモテアイテム」として、他の男子と差をつけられるチャンスでもあるのです。

 

カフスは強力な「モテアイテム」

カフス,カフリンクス,モテ,モテリーマン,ビジネス,カジュアル,モテる,選び

カフスの利用度はまだまだ少ないことを説明しました。

 

今「最強のモテアイテム」として、カフスが効力を発揮する理由を上げます。

 

@ カフスをつけている競合がいない今こそ、モテアイテムとして差をつけられる
女性にとって差がわかりつらいブランドスーツに数万円もかけるより、カフスのほうがおしゃれの差がわかりやすいのです。

 

A カフスのおしゃれイメージの費用対効果は格段に高い
差をつけやすいカフスをしれっと身につけているほうが、洋服でおしゃれをみせるよりも、はるかにかんたんに「この人おしゃれ!」をいう印象を女の子に与えることができます。他のおしゃれより、おしゃれイメージの費用対効果は格段に高いのです。

 

そして、3つ目、これが最大のモテ理由です。

 

B 女性はジュエリーが大好き。特にキラキラするものに弱い。

 

女性は、自分が生理的に好きなモノを身につけている人に対して、自然に好感を持つようになる。
女性が、カフスをつけている男性を「この人おしゃれ!」と自然に思ってしまう・・・これは心理学的には好意のすり替え効果といわれています。

 

おしゃれに敏感な女性は、あなたを自然に「おしゃれですてきな人!」のイメージを与えることができます。特にまだまだ外見に弱い新入社員など20代前半の女の子には、テキメンの効果があります。ともすれば、女性間のガールズトークが勝手にあなたのイメージを膨らませてくれます。

 

私はカフスの効果を経験済みです。かわいくてきれいな女の子と楽しい思い出がたくさんできました。

 

私はもう30代ですが、いまさらながら女性は男性の外見の変化に敏感なことを勉強しました。わかりやすい変化として、プライベートで社内の女の子から誘われることが明らかに増えました。(ここで文字にこそできませんが、まるで青春です)

 

最近では、本当にいろんな種類のカフスが登場しているので、気になる人と話のきっかけとしても楽しめます。
カフスの力で、モテライフの楽しいきっかけがつくれます。

 

 

[関連記事]

 

モテリーマンのモテるカフス選びの具体例

 

カフスは最強モテアイテム

 

モテリーマンのカフスのブランド選び